熱中症と水分補給 もう一度確認

ダイエット

熱中症と水分補給 もう一度確認

出典 http://www.racurie.jp

今年の夏の猛暑を乗り切るために

冷たいものをがぶ飲みすることだけが水分補給ではないの

熱中症の応急処置

水分補給のコツとしてよく知られているのは、

喉が渇く前に少しずつ飲んでいること。

水分だけではなく塩分も取り入れること。

一気に冷たいものをがぶ飲みしないこと。

調べてみると1時間あたり500ミリリットル程度の摂取が良いとされているようです。

水分ならば何でも良いわけではありません。

カフェインとかが入っていると逆に脱水症状が引き起こされる場合が。

またスポーツドリンクのようなものでもかなりの糖分が含まれています。

糖分の取りすぎも良くありませんね。

普通の水か、麦茶のようなものを飲むのが良いようですね。

後は時々スポーツ飲料でしょうか。

熱中症の応急処置もきちんと知っておいた方が良いでしょう。

自分がなる場合もあるし、また誰かがなっているのを目撃するかもしれません。

今年の夏のように猛暑日が連日続くようだと熱中症の応急処置もきちんと勉強しておいた方が良いでしょう。

猛暑日が連日続くようだと、知っておいたほうが絶対いいはず。

参考までに、ある程度歳をとると喉の渇きが感じにくくなります。

喉が渇く感じばかりではなく、頭が痛くなったり気分が悪くなったり、熱中症の症状は様々現れます。

自分だけでなく、周りの知り合いにも目配りをして重篤な症状にならないよう気配りするのがいいのです。

Twitterからの情報

出典 http://www.sportea.jp

まとめとして

出典 http://wac-academy.com

言わずと知れた事ですが人間の体は3分の2位は水分です。

体を構成している重要な要素であると同時に、代謝活動として常に手入りしているわけですね。

単純に水分補給は必要不可欠な事柄です。

私たちはどうしても、水分補給を自分自身の好みに合わせて行ってしまいがちです。

コーヒー紅茶ウーロン茶などはカフェインが入っているために、水分補給とはカウントされないようです。

猛暑の季節には、基本に則った水分補給をもう一度考えて実行する良い機会ですよね。

特に注意すべきは、熱中症です。

気分が悪くなったときには無理をせずに直ちに正しい対処法が必要です。

確認ですがこの猛暑で全国で70人近い人が亡くなっているようです。

特にお年寄りや小さな子供たちがなりやすいと言えるので、周りの大人は自分たちも気をつけると同時に、しっかりと目配り気配りをしてほしいものですね。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ