高齢者の健康不安を考える

ダイエット

 高齢者の健康不安を考える

出典 http://kaigo.news-postseven.com

ある程度 年齢がいっちゃうとどこかしらにトラブルが

病気になりたい年寄りはいません。

しかしながら寄る年波と言うのはおよそ逆らえるものではなく、長く生きてくるとどこかここからにいろんなトラブルが起こってきます。

簡単に言えば、若い時とはまるで違う。

だいたいね、自分の胸に手を当てて考えてみると、まともなところなんて全然ないですよね。

代々 家系的に持っている慢性的な病気が現れてきたりするんです。

様々ありますが、例えば高血圧だったり糖尿病だったり、またもう一つは高脂肪や高コレステロールと言ったもの。

一定の年齢に達すると、その人の生活習慣や遺伝的な要素も加わってこれらの諸々の値が異常をきたし、健康診断などで引っかかる。

お決まりのパターンですよね。

大抵の場合、痛くもない腹は探られたくないので、健康診断を逃げ回ったり、また病院で医者の前に座ることを極端に嫌がったり。

人 様々な様相を呈します。

ほとんどのトラブルの場合、自覚症状はないんですよね。

これが実に良くない。

しかし症状が出てきた場合は、概ね手遅れです。

怖いのはこの辺。

何かトラブルが起こっても、自分の責任で何とかできれば良いですが、必ず誰かのお世話にならなければいけません。

運 悪く命を落とすようなことになっても、必ず人のお世話になります。

病院へ行けばお金がかかるんですが、そのカラクリはなんとも切ない

病院へ行ってお金がかかるのは当たり前のことですが、歳いってるとほとんどの場合、病院に行かずに済む事は無いですよね。

必ずなにがしかの薬を処方していただく格好に。

その薬代が1にもよりますが、結構馬鹿にならない。

大きな病気をすると、その後のメンテナンスでは病気にもよるのでしょうがかなり高額の薬代がかかってきます。

この薬代でも生活費を相当圧迫するので、なんとか圧縮しようと話するのですが、いわゆるジェネリック医薬品ですが、病院の先生にお願いしても断られる場合がほとんどですね。

医者に相談をすると、私はジェネリックを評価していないのでと簡単にはねつけられます。

かくして人にもよりますが、毎月治療費と称して高額な医療費がかかるのです。

今更ですが多少は気をつけなきゃね

出典 http://www.chiyoda-cosw.or.jp

当たり前すぎることなんですが意外にやれそうでやれないんですよ。セルフチェック。

体重とか毎日測る人がどれくらいいますでしょうか。

また血圧とか。私のかかりつけのドクターは、血糖値やヘモグロビンA1Cの値をリアルタイムで計測できるようなデジタルアイテムを腕に装着しています。

このドクターも私と同じで糖尿病を始め生活習慣病を持っているんですよね。

さすがに私はこのデジタルアイテムまでは使いませんが、とりあえず血圧位は2日に1回程度の割合で計測してます。

必要ないとは思いつつ、サプリメントも愛用

出典 http://contents.gunosy.com

病気を治すためのサプリメントは、基本無理があると考えます。

病気はそんなに甘くはないでしょう。

確かにがん治療なんかで、高濃度のビタミンCを投与する方法は用いられることがありますが、通常食べ物として取り入れるサプリメントが病気の治療に貢献できるとはちょっと思いにくい。

そこは食べ物として、体に良いものを補っ
て補給する位の考えでいいんだと思います。

私がサプリメントを取る上で気をつけていることは2つ。

⑴ 単独の栄養のサプリメントを取らないでなるべく総合タイプのものを取ります。
単独で1つの栄養とってもあまり意味がないからです。
総合タイプで、必要なもの全てが入っているようなのを選んでいます。

⑵ 酵素系のものを努めて摂るように心がける。
代謝を活発にするにはどうしても酵素が必要です。栄養を取ると同時に、いかにして吸収し、取り
入れていくか、そこの要の役目をするのが酵素なので。

こう考えていくと、そんなにたくさんの種類は必要ないと考えます。

余裕があればプロテイン系のものを取り入れるとさらにいいかもしれません。

プロテインが栄養補給のベースになるものなので、ここがいい加減だとせっかくとった他のサプリメントもあまり生きてこないのです。

サプリメントもいろいろあって、今私が調べたような内容を総合的にまとめたものも多く出回ってますね。

必ずしもとは言わないですが、3ヶ月程度試してみるのは、効果を知る上でやってみる価値がありそうです。


フェルラブレインPLUS

Twitterまとめ

まとめ

若い頃からよく考えていたのは、幸せってどんなことか。

少なくとも夜寝るときに明日のことを考えて、そこに夢や希望を感じる。

それが幸せの最もベーシックな形だと。

逆にこのまま寝て明日もう二度と目が覚めなきゃいいよなと思っている時は明らかに不幸ですよ。

長く生きていれば様々なことを経験します。

夜健やかに寝られる事はとても重要です。

睡眠を上手にとることができればそれだけで、健康管理としては合格点がもらえると言うもの。

よく寝られれば歳をとっていれば、大抵の場合朝早起きできるものです。

早起きをして朝日を浴びて、1日健やかに穏やかに過ごす。

このことこそ、無常の幸せだと感じますがどうでしょうか。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ